中川木工芸 比良工房

 木桶は室町時代頃に大陸からその技法が伝わり、江戸時代には各地でさかんに作られるようになりました。

 中川木工芸では伝統的な木桶の製作技法を用いて、おひつ・寿司桶など白木の美しい木製品を製作しております。
近年ではデザイン性に富んだあたらしい木桶にも挑戦しております。

中川木工芸は、初代亀一が京都白川に工房を開いたのが始まりで、現在は二代目清司が京都の工房を、三代目周士が滋賀の工房を主宰しております。